売れるコピーライティングの極意   なぜ、彼は17歳で起業できたのか?   出版後の「集客」に役立つセミナーの無料映像

キンドル(kindle)で自費出版

キンドルとは、アマゾン(amazon)の電子書籍を読むための携帯電子書籍端末です。
書籍を携帯機器端末にダウンロードして読むことが出来るのですが、このキンドル向けの自費出版に注目が向けられています。
キンドルでの電子書籍は、作者への印税が70%になります。これは日本の印税相場よりも約10倍高く、作家の意欲向上や、埋もれている人材の流入など、新たな扉を開ける可能性を秘めています。

>> 「キンドル」をamazonで検索

印税70%の出版

アマゾンによると、キンドルの電子書籍の印税は、出荷費用を引いた後の販売価格の70%となります。
もちろん、印税70%の付帯条件として、定価を抑えて紙の書籍の最低価格を少なくとも20%下回るものとするなど、いくつかの条件が設定されています。

それでも日本での印税の相場はだいたい6〜10%。
70%という印税の数字を提示された作家は出版を考える際どちらを選ぶでしょうか?国内の出版社が印税をアップするなどの対策をとらない限り、多くの作家がキンドルに流れていくと思われます。

電子書籍市場は成長市場のため、今後は競争が激しくなると見られています。アマゾンとしては、電子書籍市場での競争の優位性を保つために、作品の充実を計る戦略として、印税70%という驚異的なオファーを出したのでしょう。

完全ノーリスクな自費出版が可能

キンドルでの出版なら、デジタルコンテンツを誰でもAmazonで販売できるようになります。自費出版のように、印刷コストがかからず、印税は70%。
これによって、埋もれている才能が世に出てくる可能性が大いにあります。誰も知らなかった天才作家が世に出てくるかもしれません。

出版というと、作家や有名な人だけにしかできないものだと思われがちですが、実際には誰でも可能です。

キンドルの電子書籍ならISBNさえ取得していれば、誰でも出版が可能になります。
ISBNは個人でも取得できるので、自分でデジタルコンテンツを作り、ISNB取得用に書籍化します。ISBNが取得できたらAmazonに登録していくだけです。

作家を目指している方、ライターにとっては、世に出る大きなチャンスとも言えます。

キンドル(kindle)日本語版

アマゾンの電子書籍端末「キンドル」は、2009年10月から米アマゾンを通じて日本でも購入が可能です。

キンドルは日本ではまだ有名ではないし、2010年1月の時点ではまだ日本語対応もしていません。それでもAmazonがかなり普及に力を入れている機器です。

米国で流行したものは数年の時をおいて日本でも流行してくるもの。そして、流行の初動に乗り、ライバルの少ないうちに参入して先行者利益を大きく享受できるのは、前もって準備をしていた人です。

キンドルの日本市場への投入で、今後数年のうちに新たな活字文化を造り出すことになるかもしれませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク   twitter   

参考